月刊KSU空手

月刊KSU. Vol.43 後半戦スタート!!!

  • 投稿日:2018年09月27日
  • 〜Dynamic Challenge〜

     

    妥協なき選択、そして決断。

     

    平成30年 九州産業大学空手道部 夏季強化合宿

     

    8月28日~9月3日まで長崎県壱岐市にて、夏季強化合宿を行いました。

    壱岐で行う4年目の夏合宿。

    部員同士のコミュニケーションを密にし、全体の底上げ。

    後期の大会に向けて、「チーム」という「組織」を構築する。

    この夏の取組が、秋以降の大会に繋がることを信じて!

     

    ―夏休みを終えて―

    試験が終わり、それぞれが休みを満喫したようです。

    前期の反省を踏まえ、各自がしっかり準備して集合しました。

    合宿では、体力の強化と細かな技術練習を中心に、各自テーマを持って挑みました。

    F78A5540-AD22-4C3A-933B-D32BF6DA555A 324F5195-88B9-4611-80A0-4AE3160A06BB

     

    7ECDC258-9BF1-49C6-A39B-74727A1DE891 0C36FE18-D48E-4FD6-A1E2-5CD095CE0084

     

    ―いよいよ壱岐へ―

    学内で1週間、基本的動作を中心に取り組みました。

    心と体を整え、壱岐に乗込みました。

    4回生は最後の夏です。

    F3B03911-58E2-48B3-8696-0322753871F1

     

    下半身の強化を中心にトレーニングを実施。

    上手く使いこなせていない筋肉や関節をしっかり動かせるように取り組みました。

    F0BDDC2F-F5EB-4121-BA2D-DDD982D90750

     

    6DEC0CAF-959A-44A1-A6FC-5DBBAF07AF7A 99614BA1-38D5-4F19-8BE3-B9791ED68FD2

     

    45FBAEFD-311E-4F4A-9238-009E27ADA50D

     

    食べる事も体作りの一環です!

     

    F349EA07-1153-4082-A6D4-CF58B993E5E3 3B2008DB-17A1-4F82-98E1-E2E288FCF24C

     

    16A91CBE-00F9-4D45-9EAF-C6D971ABBAF4 5505793E-B94D-4ED2-BDEB-2CA4015C10A2

     

    BCC0B386-B419-4123-A001-761D43D9718F 08A8B20D-615A-4475-B1D7-08A871D867A3

    久々の砂浜トレーニングでした。

    新入生は、慣れるまでに少し時間がかかったようです。

    F8A7F663-DBD7-4238-BD5F-B3FD25FC200E

     

    今回の合宿では、毎日男女別に分かれ夕食後にミーティングを行いました。

    男子は3チームに分かれ、それぞれに議長を決め1日を振り返りました。

     

    自分たちで考え、自分たちで解決する。

    今まであまり手をつけなかった部分を、この合宿で取り組みました。

    内発的に動き出すチームになれば、必ず結果はついてくる。

    個々の能力の引き上げは勿論ですが、チーム力の向上もこの時期には最も大切です。

     

    E9B01280-0DDD-400F-ABBA-A13CCDB07B4B F55B5B87-E7BB-4586-85F2-D6A64AB8D9C0

     

    CFF349B2-6CCA-421A-BBC7-C9A24609AD3F 1A82E5D2-F54C-4BBB-A177-9FA8CFC2D47A

     

    9AD28E16-36CD-4C16-B17C-14ADE6090445 8E26068E-1FD3-4264-9F8A-582E98A99F9A

     

    20B05197-09B5-4F98-84CC-EA39646FBF15 BE1E5B8C-DB07-4BC2-8DDA-00CC819217FD

     

    どんな状況でも同じパフォーマンスを行えること。

    自分の競技スタイルを確立し、ブレないこと。

    人が見ていようがいなかろうが、相手が強かろうが弱かろうが同じ状態で日和る事無く戦える選手になる。

    今回の合宿で、大切にした事は、一歩前に出ることです。

    怖がらずに、思い切って前に踏み出すこと。

    上級生がしっかり声がけしながら、下級生を引っ張りました。

     

    2F0A8281-5BC2-4092-A74C-7D85066F7BDC

     

    今回の壱岐合宿は、多くの方々のご支援とご協力があり、無事に終える事が出来ました。

    本当にありがとうございました。

     

    練習量と技術の向上は比例します。

    取り組み方はありますが、そこは間違いないと信じています。

    しかし、感性や感覚は比例しません。

    しかし、優れた感性や感覚も磨かなければ錆びつきます。

    九産大には高校時代に活躍した選手や、類いまれな天才はいません。

    正しい努力と、勝利の為に必要な判断力を養い挑むしかありません。

     

    九産大空手道部は『勝利を目指し、努力し続ける集団』として、長い歴史を紡いで参りました。

    それこそが、伝統校としてあるべき姿です。

    私達にできること、それは九州産業大学空手道部の名を全国に知らしめる事です。

    その為に、益々稽古に励みます。

    今後とも九州産業大学空手道部の応援をよろしくお願いいたします。

    53012EB0-2F96-4BED-A001-64671C12BE63

     

    押忍

     

    ~大会情報~

    第67回全九州大学空手道選手権大会(団体戦)

    福岡大学

    10月21日(日)

     

    応援よろしくお願いいたします。

     

月刊KSU. Vol.42 FISU世界大学空手道選手権大会

  • 投稿日:2018年07月31日
  • 【FISU世界大学空手道選手権大会IN神戸】

    DC852027-A25F-4619-80E5-0569DB758ED8

    7月19日(木)~22日(日)

    神戸市立中央体育館(兵庫県)

    女子個人組手 -55kg級で片山花女(経営3)が優勝。

    空手道部女子部員初の世界チャンピオンに輝きました。

    団体戦・女子組手にも出場し、日本代表の銅メダル獲得に大きく貢献。

     

    B3DD63E3-E9D5-48EC-B878-7C0C615326CC

     

     

    ―FISU世界大学空手道選手権大会を終えて、今の心境は?

    ホッとした気持ちと、只々嬉しい気持ちです。

    この大会で沢山の方に応援して頂いていること、支えて頂いている事に気づかされました。

    89CEC521-981F-41A3-B87C-2C531DCADC9C

     

    ―今期は、個人戦で結果が出ていませんでした。神戸に入る前の練習でどう調整しましたか?

    今年は全九州大会・全日本個人・ミニ国と情けない結果に終わってしまいました。

    そして自分の負けの原因は何なのか、勝っているときはどんな時なのかをビデオを見返したりして自分なりに理解しました。

    自分は前で戦い勝つ組手だと理解し、ミニ国が終わってから大会日までの3日間でイメージトレーニングから、実践全てを気が済むまで取組み挑みました。

     

    ―日本代表として挑む世界大会。当日はどのような心境でしたか?

    朝は人生で今まで感じたことがないぐらいの緊張感でいっぱいでした。

    日本開催でたくさんの人が日本チームを応援に来て下さると考えたらうれしい反面、すごくドキドキしました。

    7B6CC5A6-C1E5-43B5-B745-29B9539BAA89 

    ―1回戦~準決勝。修正しながら勝ち進みました。何を意識して戦いましたか?

    初戦の相手はナショナルチームの先輩からアドバイスを頂いて考えながら組手をしていたのですが、残り30秒まで負けていました。

    このままでは負けてしまうと思い、只々勝ちにいくしかないという気持ちで立ち向かい2回戦に駒を進めることができたと思います。

    そこからは、前で相手のスキを狙って自分の得意な攻撃でポイントを重ね勝ちに行きました。

    CP5_1222 _D5C1995

     

    ―外国人選手と日本人選手の違いは?

    まずはステップが全く違います。

    日本人は基本的に前後の動きしかないのに対して、外国人選手は前後左右様々な角度の動きがあります。

    また外国人選手は、相手が止まった瞬間に足技を決めることが多いと思います。

    CP5_1105-400x600

     

    ―団体戦でも出場しました。日本チームとしてどのような挑み方をしましたか?

    メンバーに選んで頂いたからには、自分のその場の役目を果たすことだけを考えていました。

    勝ちはもちろんですが、点数の内容などチームがどうしたら戦いやすいのか頭に入れて戦いました。

    D5C6186-600x400

     

    ―個人組手決勝戦。緊張はありましたか?

    緊張はありました。

    でもその緊張は嫌なものではなく、自分を奮い立たせてくれるものでした。

    イランの選手というのもあり、足技が多いと頭の中に入れていましたが、逆に言えば足技さえ気を付ければ怖いものはないという自信にもなっていたので、緊張感からとても良い集中力になっていたと思います。

    37425862_1123603627779411_6151363538423119872_o

     

    ―表彰台の一番高いところから見た景色はどうでしたか?

    初めは信じられない気持ちでした。本当に自分は優勝したのか?と。

    でも日本国旗が一番上に上がった時初めて実感しました。

    個人の大きなタイトルを獲った事が無かったので、只々嬉しさが込み上げてくるばかりでした。

    4D5B74FB-D333-44F0-84E1-0F0CFF846CEE

     

    ―周囲の反応はどうでしたか?

    たくさんの方が自分の事のように喜んでくれて、たくさんのお祝いの言葉やメッセージを頂きました。

    そして母は空手人生で初めてずっと褒めてくれました。

    あの技よかった!あの攻撃よかった!母の前で個人種目を優勝することができて本当に嬉しかったです。

    たくさん悩んで、たくさん相談を聞いてくれた姉は会うとすぐにお疲れさまと言って強く抱きしめてくれました。

    本当にありがとう!

     

    大輪の花を咲かせましたね、という言葉は自分のこれまでの苦しさを消してくれるものでした。

    この大会で本当に自分はみんなの応援の力で勝つことが出来たのだと改めて気付かされました。

    本当にありがとうございました!

    0D5904DD-656C-4A30-AA30-D41B958ECDF9

     

    ―今大会を振り返って。

    アップの時間や会場での過ごし方、食事のとり方など今大会の4日間で学んだことは沢山あります。

    そして最後まで諦めなければ勝ちに繋げることが出来るということも改めて感じました。

    これまで気づかなかったこと、良いことも悪いこともしっかり受け止めて今後の大会に繋げていきます。

    3E957FAA-32BA-4132-8F3D-191120AD2C52 136A1918-4AE0-4FE9-8CA8-7BD1D4AEA9C8

     

    ―今後の目標は?九産大の選手としてどのように

    前期も終わり次は後期です。

    11月に行われる全日本団体で日本一を取るために体力づくりはもちろん、技術的な面で自分にプラスになるものはたくさん吸収して、苦手とするものはしっかりと改善していきたいと思います。

    そして九産大空手道部の選手として1つの勝ち駒となれるように全力で稽古に励みたいと思います。

    3A4D2557-ECE2-4566-8997-9284AC7D0A1F

     

     

    初めての国際大会タイトルです。

    九産大としても、女子初の世界チャンピオンです。

     

    今期は、個人戦で思うような結果に繋がらず悔しい日々が続いていました。

    大学生の世界一を決める大会。

    人生に一度しかないチャンスをしっかりと掴みました。

    日頃の努力と、監督の前で勝負!という指導を出し切った結果でした。

    大会に挑むまでの女子部員のサポートが大きな力になりました。

     

    また、日頃から応援頂く大学・同窓会・OB会・保護者会他、皆様のご協力のお陰です。

    ありがとうございました。

     

    大学は、本日で前期試験も終了し明日から夏休みです。

    しっかりリフレッシュして、夏合宿に入ります。

     

    私達空手道部の活動は、大学からの支援、父母会の皆様のご理解、OBの先輩方からの熱い声援で成り立っております。

    私たちに出来ること、日々全力で稽古に励み九州産業大学の名を全国に知らしめるために取り組む事だと考えております。

    学生達は活気付いております。

    益々励みます。

    今後とも九州産業大学空手道部をよろしくお願い申し上げます。

     

    押忍

     

    【夏季強化合宿のご案内】

     

    日 時/平成30年8月28日(火)~9月3日(月)

         午前 7時~ 9時

         午後13時~17時

     

    会 場/長崎県壱岐市 石田スポーツセンター

          〒811-5215  長崎県壱岐市石田町石田西触1264-4

     

    宿 舎/壱岐民宿 繁屋千賀荘

         〒811-5203 長崎県壱岐市石田町筒城東触1085番地

         TEL 0920-44-5294

    http://www.chigaso.com/

    7E2CF675-F00A-4385-83EB-B2AFB9ADF4C7

月刊KSU. Vol.41 大会結果

  • 投稿日:2018年06月28日
  • ★北部九州大学空手道選手権大会★

     

    日程:5月12日(土)

    会場:ツワブキ武道館(宮崎)

     

    今期の学連大会の開幕戦でした。

     

    ■男子団体組手 優勝

    48D3ABD8-4658-4E11-933F-718536E9AF6C
    ■女子団体組手 優勝

    0589E1C1-1504-404A-88FD-202785207B68

     

    男子個人組手

    ■優 勝 中田士蕗(経営2)

    ■準優勝  秋山颯希(地域1)
    ■第3位    北薗竜司(経営3)

    ■第3位  平田翔紀(経営3)

     

    女子個人組手
    ■優   勝 田中良菜(地域1)
    ■準優勝 田上凪穂(経営1)

    ■第3位  野田知邑(商4)

    ■第3位   松本ひなの(スポーツ1)

     

    ★全九州学生個人戦★

    日程:5月13日(日)
    会場:ツワブキ武道館(宮崎)

    男子個人組手
    ■優 勝 山田大雅(経営1)

    3416C74A-7954-4AF9-8133-92F334D65072

    ■第3位 冨永大輝(経営4)

    AD4E0A2D-84C8-402E-9ABE-E682759F854F

    女子個人組手

    ■優 勝 川野えり(観光4)

    9DB066E1-8C30-4E0A-8E47-B52D9EFB6089

     

    男子組手はルーキー山田が見事優勝。

    4回生も冨永が3位入賞。他男子も良い試合でした。

     

    女子組手は、川野が2回目の優勝。

    1回生で優勝した自分を見事に乗り越えました。

    強気の組手は見ていて爽快でした!

    8AC0FA88-952E-4A6A-85EB-D32DD7BF8EB1

     

    ★西日本大学空手道選手権大会★

    日程:5月20日(日)
    会場:沖縄県立武道館

     

    ■男子組手 2回戦

     

    ■女子団体組手

    第3位

    優秀選手 片山花女(経営3)

     

    男子は全九州で良い流れが出来たと感じていました。

    しかし、実力を発揮する間もなく敗退。

    下級生はしっかり戦いました。

    1ポイントの重みを感じました。

     

    女子は昨年同様準決勝に進出。

    近畿大学に挑みました。

    先鋒の片山が相手を圧倒し勝利。

    中堅の石田も負けたものの、しっかりと戦いました。

    大将の川野、先取して勢いに乗ったと思いました。

    一瞬の隙をつかれ、流れが相手に行ってしまいました。

    残念ながら、昨年同様の第3位でした。

    694CA43E-5E2E-44FC-98A2-617227784582

     

    ★全日本学生空手道選手権大会(個人戦)★

    日程:6月24日(日)
    会場:愛知県立体育館

     

    ■男子個人組手

    冨永大輝 2回戦

    本村潤也 1回戦

     

    井手原瑠唯 3回戦(怪我により棄権)

    山田大雅 3回戦

     

    ■女子個人組手

    川野えり 2回戦

    片山花女 2回戦

     

    平野海音 1回戦

    堀口 雅 1回戦

     

    以上

     

    全日本ではまだまだ一歩及ばず。

    5月上旬から大会がスタートしました。

    この他にも、県連や流派の大会に参加しています。

    それぞれ結果に繋がり、男女ともに成長が見えます。

    しかし、全日本ではまだまだです。

    一瞬のチャンスをモノに出来るか、どんな場面でも揺らがない心を持てているか。

    しっかりと自身と向合い、立ち上がります。

     

    来週は前期最後の団体戦です。

    団結力を持って挑みます。

    応援よろしくお願い致します。

     

    押忍

    7E2CF675-F00A-4385-83EB-B2AFB9ADF4C7

     

     

     

月刊KSU Vol.40 新入生歓迎会

  • 投稿日:2018年05月31日
  • 第59期生 新入生歓迎会

    平成30年 5月 27日

    ANAクラウンプラザホテル

     

    C7D9D0BB-3801-4B3C-8A91-135EF735AA0A

     

    秋山 颯希(山口鴻城高等学校)

    伊藤 黎次(山口鴻城高等学校)

    大畑 佑太(福井工業大学付属福井高等学校)

    春藤 勇人(徳島県科学技術高等学校)

    平田 隆真(鹿児島第一高等学校)

    山田 大雅(長崎県立佐世保北高等学校)

    山本 裕哉(高知工業高等学校)

    尾中 裕香(九州産業大学付属九州高等学校)

    田上 凪帆(如水館高等学校)

    田中 良菜(高松中央高校)

    松本 ひなの(九州産業大学付属九州高等学校)

    F780E5C5-47E7-46B7-897B-2439F7EF46C4

     

    3月下旬から、大学の稽古に参加した新入生。

    今年度は11名の部員を迎え入れました。

    親元を離れ、新しい環境での生活にしばらくは戸惑っていました。

    入学式を終えて授業も始まり、新生活にも慣れてきたのではないでしょうか。

     

    ANAクラウンプラザホテル5月27日に行われた新入生歓迎会。

    久しぶりに家族とも顔を会わせた選手もいるようで、嬉しそうな表情でした。

    当日は多くの皆様に祝福され、晴れて九州産業大学空手道部の一員となりました。

     

    4C8009B4-03EF-4ADB-AEAF-BACB04861BD2

    磯貝浩久教授のご挨拶と、自己紹介から会はスタートいたしました。

    今年度より本学空手道部の部長を務めていただくようになりました。

    人間科学部スポーツ健康学科の教授で、スポーツ心理学が専門です。

    今後は、空手道部員のメンタルの強化指導をお願いしております。

     

    4CB32CD4-E9AE-4C5A-8E45-C6319DFBFF4F E1F6C8A1-692B-4EC3-9A9F-FB3FCD62167B

    内山OB会長、吉山先輩(楠風会長)から、新入生へ歓迎の言葉を頂きました。

    新入生も真剣な表情で、話を聞いておりました。

     

    C502DB57-57F5-4DC5-A127-AA90060A43BA 50E8BDD2-3D06-4337-8334-3749629A96A0

    27期の徳永英作先輩の乾杯により、懇親会スタートです。

    徳永先輩のご挨拶の中で、学生への激励の言葉に、皆感動いたしました。

     

    3CEACB16-F67E-42C0-85AA-32149748E5D1

    会の途中では、皆様への御礼と新入生の自己紹介をさせて頂きました。

     

    8CFBD248-694D-4063-9162-EC06C0942DB6 716AE351-1796-4EBA-BF98-98F129C5C1C0

     

    0FFBDBE8-9560-4517-9C94-3141582F1859 EB6751EC-5E8D-499C-B3F0-D30061F6ECC2

     

    6C8CFEA3-BB06-4131-9FEE-53FC547BAA4D F0B434B9-4EF0-49D6-9135-C7BB85E0619A

     

    59FEDEAF-03D0-47AF-A8AA-D4A5E8BE6B89 1E645ACF-3A33-4118-B66C-1914DA35A5A7

     

    多くのOBの先輩や、両親の前で堂々と四年間の目標と、感謝の言葉を述べました。

    この日の気持ちを忘れずに励んでくれる事を期待しています。

    当日は、残念ながら3名の新入生が国体予選等で欠席でした。

     

    D4E3C84A-D50B-4E5A-9EE5-647FD0772E7F 51456DEE-A01D-46FA-8085-1DECD1119DF7

    気持ちを引き締め、新しい仲間と全員で校歌、部歌の斉唱を行いました。

     

    9D6688F4-7BFA-4357-9A96-356EB35ECB15 B11EEABD-771A-4B5B-B48B-D18728481078

    最後に、18期生の黒木先輩の万歳三唱で締め括りました!!!

     

    歓迎会を終え、11名の新入生達も九産大空手道部の一員となりました。

    日頃の稽古でも、当初に比べ馴染んできている様子です。

     

    西日本大会を終えて感じたことがあります。

    そして、毎年この時期に感じます。

     

    チーム内での温度差です。

    大会に行った学生、出場した学生、残ってた学生。

    大会前の過ごし方、前日の過ごし方、大会当日の会場内での立ち振る舞い。

    試合を終えての向合い方。

    少しずつではありますが、4年の間にとてつもなく大きな差が生まれてしまいます。

     

    強くなりたい、試合に出たい、勝ちたい。

    部員全員にその気持ちがあることは理解しています。

    では、どうすればいいのか。

    自分達のチームのレギュラーは、強いだけの選手でしょうか?

    チームの中で信頼されている選手は、日々どのように取組んでいるでしょうか?

     

    日頃の生活や稽古に甘さは無いか。

     

    細かな事を大事に、少しずつ積み上げていくしかありません。

    1人では強くなれない。

    互いを信じ、尊敬し強く太い絆が必要です。

     

    新入生は、今のポジティブな気持ちを忘れずに。

    上級生は、新入生の頃の決意をもう一度思い出して下さい。

     

    今こそ新しい九産大空手道部へと、進化するチャンスです。

     

    私達空手道部の活動は、大学からの支援、父母会の皆様のご理解、OBの先輩方からの熱い声援で成り立っております。

    私たちに出来ること、日々全力で稽古に励み九州産業大学の名を全国に知らしめるために取り組む事だと考えております。

    まだまだ大会が続いて行きます。

    学生達は日々躍動し活気付いております。

    今後とも九州産業大学空手道部をよろしくお願い申し上げます。

     

    押忍

月刊KSU Vol.39 第59期生

  • 投稿日:2018年04月30日
  • 今年度は11名の新入生を迎え入れております。

    男子7名、女子4名と多くのメンバーが仲間になりました。

    新生活にもだいぶ慣れてきた様子です。

    練習でも元気よく、にぎやかな59期生です。

     

     

    2018_101_秋山 颯希

    秋山 颯希(山口鴻城高等学校)

    きつい時でも自分に負けず、積極的に取り組み、負けない選手になります!

     

    2018_102_伊藤 黎次

    伊藤 黎次(山口鴻城高等学校)

    強い気持ちを持って、前に出る組手をしていきたいです!

    また、形でも、力を抜き、大きく力強い形を打っていきたいです!

    常に勝利を求めて行きたいです!

     

    2018_103_大畑 佑太

    大畑 佑太(福井工業大学付属福井高等学校)

    今言われている自分の課題をはやく直して1試合1試合常に全力で戦います。

    メンバーに入れるように頑張ります。

     

    2018_104_春藤 勇人

    春藤 勇人(徳島県科学技術高等学校)

    ガッツのある引かない組手を目指し自分らしく元気よく練習に励みます!

     

    2018_105_平田 隆真

    平田 隆真(鹿児島第一高等学校)

    団体メンバーの10人に入れるように、常に攻める気持ちをもって練習に取り組みます!

     

    2018_106_山田 大雅

    山田 大雅(長崎県立佐世保北高等学校)

    絶対に負けない選手になる!

    学業も授業に絶対に出席し、単位を落とさない!

     

    2018_107_山本 裕哉

    山本 裕哉(高知工業高等学校)

    1日1日を大切に過ごしながら焦らず少しずつ強くなって、人間としても空手家としても成長出来る一年にしたいです!

     

    2018_108_尾中 裕香

    尾中 裕香(九州産業大学付属九州高等学校)

    積極的な組手をし、気持ちを強く、まずはメンバーに入れるように日々努力し成長して強い選手になる!!

     

    2018_109_田上 凪帆

    田上 凪帆(如水館高等学校)

    うまい組手ではなく、常に自分の持っているもの全てを出しきり

    ”勝利”への執念を持った強い組手をしたいです。

     

    2018_110_田中 良奈

    田中 良菜(高松中央高校)

    どんな相手でも前で反応して、自分の組手ができるようにする!

     

    2018_111_松本 ひなの

    松本 ひなの(九州産業大学付属九州高等学校)

    常に攻めの気持ちをもち自分から攻めれるような選手になり

    当たりの強い組手が出来るようになってメンバーに入りたいです。

    5A4E0154-3824-4891-B4BC-9B2A9EF73BF1

     

    現在の環境に感謝し、日々を全力で取り組んで下さい。

    九産大空手道部の新しい仲間です。

    応援よろしくお願い致します。

     

    新入生歓迎会は5月27日(日)です。

     

    多くのご参加をお待ちしています。

     

    押忍

     

月刊KSU Vol.38 第55期生 卒業

  • 投稿日:2018年03月22日
  • 第55期生 卒業送別会

    ANAクラウンプラザホテル

    4040B533-F02C-41B3-8E5C-082FABB00771

    平成30年3月11日、第55期生の送別会を行いました。

    当日は多くの皆様にご参加頂きました。

     

     

    BA99A2B7-BE07-42B9-8CAC-CD6CA392C84A A2C621F8-E621-4E49-9C32-28341189E952

     

    内山OB会長、空手衣のヒロタの坂本様から祝辞を頂きました。

     

    B7D1154F-11AC-4664-8541-5F0970B726AF 38D086A1-5D8D-4673-A2D4-71267C26E5AE

     

    鹿児島からご参加いただいた、第27期の徳永先輩の乾杯で盛大に懇親会がスタート。

    2年後には空手道部60周年を迎えます!徳永先輩が記念事業の実行委員長です!!!

     

    FD3C1C1A-8B53-41F1-992B-F4C1FBE37FDB 5E6DBDCA-0D99-43C0-83CE-5B5CF653B857

     

    新しいステージでの成功を応援しています。

     

    428D299B-E2DB-4CAE-9000-B85DAF47AC7D 0F3F1FEE-2AF0-4A3D-A3B0-51DC3FE0F428

     

    多くの皆様に応援頂きました。

    ありがとうございました。

     

    1412E9D6-4643-48F8-8033-6F9EA6988174 EA3B4F24-9C20-4A15-96C6-5BEA010E2EB4

     

    今年は7名の部員を送り出しました。

    非常に期待されて入学した選手達でした。

    日本一を目指し、4年間戦い抜きました。

    目標には届きませんでしたが、勝つ意識をチーム内に植えつけさせてくれました。

     

    CA6EE28B-DE4B-4FC1-BE9F-BD7898956A3A E353BE80-DFE8-473C-A3AA-85CAF1D3644D

     

    万歳三唱は、黒木先輩!!!

     

    4701DE7A-0F0E-4590-A763-5031183CC619

     

    平成30年3月15日

    第55期生 卒業。

    応援頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

    47F07A14-E408-4B7E-AF67-B1A7C7E8ECD1

     

    4年間お疲れ様!!!

     

    現在、春の強化月間で学生は奮闘中です。

    11名の新入部員も加わり、新たなチームが動き出しています。

     

    38E6E88F-7FAF-489F-AC56-A66D46B6282F

     

    今後とも九州産業大学空手道部をよろしくお願い致します。

    押忍

     

月刊KSU. Vol.37 新チーム始動~主将達の決意

  • 投稿日:2018年02月28日
  • 日本一を目指し、再始動。

    試練の年。大きな変化を求めて。

     

    九州産業大学空手道部 

    第56代男子主将

    冨永大輝(経営学部国際経営学科)

     

    01_306_冨永 大輝

    宮崎第一高校卒

    福岡県出身

     

    第56代女子主将

    川野えり(商学部観光産業学科)

    01_310_川野 えり

    宮崎第一高校卒

    大阪府出身

     

    15168796_1151793421563665_8689103180504179545_o 11.19遨コ謇欺_88A6550

     

     

    新体制が始まり、チームの雰囲気はどうですか? 

    B5874DB9-3AB4-4CDD-8B6F-BBD4290ADC30

    冨永/一人一人が気持ち新たに、向上心を持って練習に励んでいるため、良い雰囲気でスタートできています。

     

    川野/結果を残すために強くなるぞという雰囲気で取組めています。これを継続していきたいと思います。

     

    主将に任命されて変化はありましたか? 

    冨永/チームを引っ張っていく立場として以前に比べ、部員やチームの状況に目を向けること、主将としての責任ある行動に意識が向くようになりました。

    _o

     

    川野/以前にも増してチームを引っ張っていくにはどうしたら良いか、チームのためにできることを考え、責任感をもって行動しようと思うようになりました。

    kawano

     

    主将として何を大切にしていきたいですか?

     

    冨永/主将としての姿勢でチームを引っ張っていくことと、チームの結束力を強くしていくことです。

     

    川野/チームを大切にし、誰一人欠けてはいけないくらいにチーム皆で切磋琢磨しあい、良いライバル感をもっていきたいです。

     

    主将としてどのようにチームを引っ張っていきたいですか

    冨永/自分が先頭に立って行動で示し、部員の背中を押していくことでチームを引っ張っていきたいです。

     

    川野/私が先頭に立って盛り上げ、改善点や、みんなの意見を聞いたり、一人一人の心の支えになれるように頑張りたいです。

     

    理想とする主将像はありますか 

    冨永/強さと優しさを持った頼りがいのある主将を目指します。

    15122941_1151793881563619_8620963097594751080_o

    川野/安心してついていける、任せられる大きな存在になりたいです。

    15156858_1151793191563688_41353391635279743_o 

    新チームの目指すチームカラーを教えて下さい

    冨永/勢いのある強いチームです。

     

    川野/とにかく明るいチームカラーにしていきたいです。

    しかしその分努力を惜しまないチームにしていきたいです。

     

    チームにとって自分はどんな存在でいたいと思っていますか

    冨永/ぶれることなく頼りがいのある存在になりたいです。

     

    川野/常にプラス思考で、頼られなくてはならない存在になりたいです。

     

    このチームで苦労していることはありますか?また具体的には何ですか?

    冨永/部員の意識の差をなくしチームの底上げをしていくことです。

    そのために声を掛け合っていくことが必要だと思います。

     

    川野/自分も含めメンタル面の強化が必要だと思っています。

     

    昨年の大会を振り返って下さい

    冨永/男子は全日本では初戦で負けましたが、西日大会など次に繋がった大会もありました。今年はメンバーも大きく変わるので、昨年以上の力をつけていきたいです。

    15157010_1151794304896910_7784357205493256365_o

     

    川野/全日本団体でのベスト8というのは悔しかったですがいい経験でした。

    11.19遨コ謇欺_88A6670

     

    チームとしての目標と、個人的な目標も教えて下さい

    冨永/全日本で優勝することを目標に一つ一つの大会で優勝を目指します。

    個人の目標もチームの目標と同じですが全九州個人は絶対優勝したいです。

    15068381_1151793198230354_8836104074235345957_o

     

    川野/チームとしては、とにかく一つ一つ勝ち進みどの大会でも優勝することです。

    全日本で優勝することが目標です。

    個人的には、今まで応援してきてくれた方々に一番喜んでもらえるような結果 を残すことです。どの大会も一番になることです。

    67F7E108-B1E7-4787-9327-D13405ADA8D6

     

    春期間で取り組んでいきたいことは

    224CF473-8D4A-48B8-9C9A-A11442A8DFC5

    冨永/体力の強化と基礎基本を徹底して、土台を作っていきたいです。

     

    川野/一人一人のメンタル面、技術面の強化です。

    しっかり皆が自分と向き合い意識を高めていきたいと思っています。

     

    応援して下さる方へもメッセージをお願いします

    冨永/いつも応援して頂きありがとうございます。

    私たち空手道部が不自由なく活動できているのは応援して下さっている方々のお陰であることに感謝して結果で恩返しできるように頑張ります。

    15129026_1151796181563389_6664323095556640907_o

     

    川野/いつも応援やご指導、サポートしてくださりありがとうございます。これからも日々努力や感謝をすることを忘れず、日本一を目指して進んでいきたいと思います。応援してくださる方々に少しでも恩返しできるように、良い結果をご報告できるように頑張ります。

    1099

     

    最後に改めて意気込みをお願いします。

    冨永/感謝の気持ちを忘れることなく、残り一年間主将としての責任を果たし、最後の全日本へ向けてチーム一丸となって突っ走っていきます!

     

    川野/何事も悔いのこらないように、チームを引っ張りチームに貢献したいと思います。私にとっては最後の1年なので、皆を笑顔にできるような結果を残したいです。

    頑張ります!

     

    A3AD2FE4-3EB2-4251-838D-B2D7869BFE67

     

    いよいよ最終学年に突入いたしました。

    男子は多くの先輩が抜け、レギュラー争いも熾烈になります。

    学業と稽古に取組む姿勢は部内でも模範となっています。

    冨永が主将になり、男子部員の規律が正しくなったように感じています。

     

    入学時よりレギュラーとしてチームに貢献し3年間の試合全てに出場してきた川野えりが女子主将となりました。

    昨年度は西日本3位、全日本ベスト8と着実に力を付けて来た女子チーム。

    川野を中心に、良い雰囲気で稽古に励めています。

     

    3月末には新入生が入ってきます。

    30名を超えるチームになります。

    しっかりとコミュニケーションを取り、チーム力で勝利を目指します。

    「謙虚」「モラル」「感謝」を忘れずに、大いに空手道に励んでくれることを期待しています。

     

    新生九産大空手道部の進化に期待して下さい。

    今後とも応援よろしくお願いいたします。

     

    押忍

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    平成30年 3月11日(日)

     ANAクラウンプラザホテル福岡

    〒812-0011 
    福岡県福岡市博多区博多駅前3-3-3 

    Tel 092-471-7111

     

    13:00~受付

    13:30~開会

     

    今年度は7名の選手を送り出します。

    近しい学年の方々とお声掛けいただき

    新しい道へ踏み出す後輩の門出を多くの先輩方と

    楽しくお祝いしたいと考えております。

     

    47F07A14-E408-4B7E-AF67-B1A7C7E8ECD1

    早田 知孝  (経営学部/おかやま山陽高校)

    白水 孝俊  (商学部/小倉工業高校)

    松井 拓也  (経営学部/真颯館高等学校

    鹿谷 直樹  (経営学部/高松中央高校)

    河野 拓朗  (経済学部/山口鴻城高校)

    吉田光太郎   (経営学部/長崎日本大学高校)

    福田 晏香  (国際文化/佐世保商業高校)

     

    皆様のご参加を楽しみにしております。
    よろしくお願いいたします。

     

     

月刊KSU. Vol.36 新成人の言葉

  • 投稿日:2018年01月09日
  • 全国で多くの新成人が誕生しています。

    本学からは2回生の8名が大人の仲間入りです。

    第57期生。挑み、乗越える一年に!

     

     

    壁にぶちあたったとき

    ぶちあたったその時と

    同じ考え方では

    壁はぜったに崩せない

    自分が変わらなければいけない

     

     

    F66F5E5E-A843-48A0-9E1F-0C2F050C04D1

    ◆石田真帆

    20歳になり、大人の仲間入りをしました。
    これからは自分の行動に責任を持ち
    頼られる人間になれるよう
    今後は何事にもチャレンジ精神を忘れず
    努力していきたいです。
    今まで支えてきて下さった両親、先生方

    友人に少しでも恩返しができるよう頑張りたいです。

     

    55028E12-2F7A-460C-B1D6-B354DD4AC6B0

    ◆片山花女

    私は今年成人を迎え、大人への第一歩を踏み出しました。
    これまでは人に言われて動く事が多々ありましたが

    大人の自覚をしっかり持ち、自分自身で考えて動けるようになりたいと思います。
    これは、空手でも私生活でも同じだと思います。
    しっかりけじめをつけて過ごしていきたいと思います。

     

    ADE71AAF-7785-4D03-9B82-B3B5E7AB87C3

    ◆平野海音

    成人としての意識を持ち、清く、正しく、美しく

    感謝の気持ちを忘れず、空手や将来の夢に向かって

    努力できる人間になります。

     

    22E8C9E1-7978-4FA3-A6D2-F4F6FF3F0A95

    ◆堀口 雅

    私は今年、成人という大きな節目を迎えることができました。
    いままでは10代でしたが、20代になるということで大人としての自覚を持ち

    これから行動や言動に気をつけていきたいです。
    また、いちばん迷惑をかけ、支えてくれ、温かく見守ってくれた家族には

    空手で試合に勝ったと報告すること、自分のやりたい仕事に就くために勉強を頑張ることが

    今できる家族孝行だと思います。
    自分がなんの不自由もなく過ごしていれるのは、

    身の回りの人の助けがあることを忘れず、感謝の気持ちを持ち日々過ごしていきたいと思います。

     

    12768E3D-89FA-4905-AA20-9B9D46BA5CB5

    ◆樺山凱士

    今年こそは文武両道を目指し、レギュラーに入れるよう精進していきます!

    そして後輩にも頼られる、しっかりとした先輩を目指していきます!

     

    E4E3B531-DB33-4C1C-BF4C-BC2FD04E4F3E

    ◆北薗竜司

    20歳になり大人としての自覚と責任を強く持ち

    空手、勉強の面で文武両道のできる人間になります!

    今年こそ全日本個人、団体で結果を出す!!

     

    F32BE18D-C2DF-4601-B360-4CB3B6C02BD8

    ◆平田翔紀

    成人を迎え、大人としての自覚を持ち一つ一つの

    行動に自覚を持って行きたいと思います。
    また、大学生活も折り返しとなり
    上級生として行動から取り組みまで後輩に恥じないようにしたいです。

     

    5677D803-9977-4ADF-B311-245AF49C4033

    ◆本村潤也

    私は、今年で無事成人を迎えることができました。

    ここまで成長できたのは20年間自分を育ててくれた親のおかげだと思います。

    今年からは、もう大人の仲間入りなので空手においても、私生活においても、

    今までよりもっと意識を高くして行動に移りたいと思います。

    大学での空手も残り2年になったので、上級生としての立場をしっかりわきまえて

    今までよりもっと上の結果をだせるよう努力していきます。

    学業の面でも、しっかり授業に出て、将来の自分の夢を叶えられるよう

    空手と同様に一生懸命励んでいきたいです。

     

     

    新成人としてしっかりとした言葉を述べてくれました。

    自分の言葉に責任を持ち、正しく成長してください。

    自分につく嘘は、いつか真実になります。

     

    大学生活も残り2年間です。

    これから、たくさんの努力を重ねる立場になります。

    自分を磨き、研ぎ澄まし、輝けるよう精進してください。

     

    成人おめでとう。

     

    今後とも九州産業大学空手道部よろしくお願い致します。

    押忍

     

月刊KSU. Vol.35 全日本大学空手道選手権大会~55期生最後の大会 

  • 投稿日:2017年12月21日
  • 第61回 全日本大学空手道選手権大会

     

    11月19日

    大学日本一を目指し、各地区を勝ち上がった学校が日本武道館に集結。

    九産大空手道部も日本一を目指し挑みました。

     

    11.19遨コ謇欺_2099195

     

    ・男子団体組手

    1回戦 日本大学に敗退

     

    11.19遨コ謇欺_88A5835 11.19遨コ謇欺_88A5955

     

    11.19遨コ謇欺_88A6008 11.19遨コ謇欺_88A6081

     

    11.19遨コ謇欺_88A6120 11.19遨コ謇欺_88A6127

     

    全日本大学空手道選手権から1ヶ月が経ちました。

    その間も練習や、沖縄シリーズA、全日本選手権など試合もありました。

    色々と気持ちの整理に時間が掛かりました。

     

    思うような結果が出せず、最後の大会を終えてしまいました。

     

    強化サークルの第1期生として九産大に入学した55期生。

    1回生の頃から期待され、この日の為に準備してきたつもりでした。

    多くのチャンスを頂き、様々なチャレンジを行ってきました。

    しかし、試合後の涙は、本人たちの達成感や感動ではありませんでした。

     

    勝負の世界の厳しさや、取り組みの甘さなど色々な感情が溢れた大会でした。

     

    ・女子団体組手

    ベスト8敗退

    11.19遨コ謇欺_88A6248 11.19遨コ謇欺_88A6550

     

    11.19遨コ謇欺_88A6327

    シードからの2回戦から試合開始。

    3回戦の慶應義塾大学との勝負は、全員良いところを出せました。

     

    11.19遨コ謇欺_2099179 11.19遨コ謇欺_88A6647

     

    11.19遨コ謇欺_88A6670

     

    準々決勝では、帝京大学との対戦でした。

    今大会で8連覇を遂げた帝京に、流れを掴む事無く敗退。

    大将の川野まで回す事が出来ませんでした。

    女子は、まだ若いチームです。

    毎年、一歩一歩階段を上がっています。

    今回の敗戦を経て、また強くなってくれると信じています。

     

    ―大会を終えて―

    全国の大学生が、この大会での優勝を目指しているかどうかはわかりません。

    しかし、九産大空手道部はこの大会に照準を合わせ日々励んでいます。

    勝てない事には、何かしらの理由があります。

    学生は必死に励んでいます。

    勝てない原因を理解し、また次に向けて挑みます。

    全日本の翌日から早速、新チームでの稽古をスタートしました。

    3回生以下、目標を持って励んでいます。

     

    この大会を最後に55期生は、九産大の選手として引退です。

    思うことはたくさんあります。

    勝つ喜びを経験させることが出来ませんでした。

    九州産業大学に進学し、空手道部での4年間が彼らにとって良い時間だったのでしょうか。

    しかし、多くの方々に応戦していただき、可愛がって頂きました。

    本当にありがとうございました。

    今回の負けがあったからこその未来があることを信じています。

     

    『試練』

     

    これから社会に出る55期生。

    学生時代とは違い、壁にぶつかったときに立ち向かうのは自分です。

    しっかり自分の足で立って歩んで欲しいです。

    引続き見守っていただけると幸いです。

     

    押忍

    47F07A14-E408-4B7E-AF67-B1A7C7E8ECD1

     

    ※新年初稽古は1月7日(日)10:00から空手道場にて行います。

     

     

     

     

月刊KSU Vol.34  ~全日本に向けて・女子組手チーム~

  • 投稿日:2017年11月08日
  • 全日本大学空手道選手権まで、残り僅か。

    女子組手チームの目指すべきところ。

    組手チームリーダーの3回生川野えりに話を聞きました。

    上級生として、またチームの中心として。

     

    九州産業大学空手道部 第56期生

    川野えり

    01_310_川野 えり

    商学部観光産業学科

    宮崎第一高校卒

    大阪府出身

     

    -トーナメントも出ました。自身3度目の全日本挑戦。今の心境は-

    私も3回生となり、日本一への挑戦は3回目です。

    とにかく一試合ずつ悔いなく戦い勝ち上がり、九産大の名を全国に知らしめたいです。

    AFC17E85-FC34-49A2-ACFC-61135E4C70E2

     

    -大学に入学して、成長したところは?-

    高校の時に比べて、取り組む意識が向上したと思います。

    大学の組手に変えることだったり、上級生としての考えが少しずつできるようになってきたかなと。

    IMG_0798

     

    -大学に入学して、一番うれしかった事、悔しかったこと-

    1回生の時の全九州個人戦で、応援に来てくれた父の前で優勝できた事が一番うれしかったです。

    悔しかったことは、今年の西日本大会で、結果的には久々の3位入賞でした。

    しかし、上級生の私が負けたことで決勝進出を逃してしまった事です。

    22E35BB3-73AB-4985-AFFC-F40328E6C596

     

    -3回生(上級生)になって変わったこと。組手チームのリーダーとして-

    自分の事だけでなく、チームの事を考えるようになりました。

    下級生の頃は、団体戦でも自分が勝つ事だけを考えていましたが、上級生になり、チームが勝つことを優先的に考えるようになりました。

    まだまだ、自分の調子等で回りが見えてないこともありますが、組手チームとして、とにかく意識を高く勝ちにいく集団でありたいです。

    68CB5E7E-F6B1-4F9D-94CE-16BAB8CA83A2

     

    -先輩について-

    女子の福田先輩には相談に乗ってもらったり、また私が見落としてしまっている下級生の悩みを聞いてもらったり大変お世話になっています。女子は色々と個性があるので。

    四回生男子の団結力、最後の大会に挑む強い意志は見習いたいです。

    47F07A14-E408-4B7E-AF67-B1A7C7E8ECD1

     

     

    -同期生について-

    同じ目標を持ち、同じコートに立って一緒に戦いたいです。

    その為には、話し合いをしたり、もっと団結しないといけません。

    上級生が牽引できるチームになりたいです!

    B5874DB9-3AB4-4CDD-8B6F-BBD4290ADC30

     

    -後輩について-

    みんな意識も高く、団結できていると思います。

    下級生から良い刺激を貰っています。

    負けないようにします。

     

    67F7E108-B1E7-4787-9327-D13405ADA8D6

    -全九州の負けについて-

    必ず私が勝たないといけない場面で勝てなかった自分に情けなく思います。

    立会の大切さ、切り換え、冷静さ。全日本に向けて良い課題が見つかりました。

    残りの時間で、しっかりと取組みます。

    5EE857CC-FBBD-4246-AF6D-38A2E5913D6A

     

    -九産大空手道部に入部して、感じた事。感じている事-

    監督、コーチ、そして空手道部員と共に戦えていることに、すごく感謝しています。

    皆で日本一を目指し戦える事がすごく楽しいです。

    IMG_4217

     

    -選手として一番大切にしている事-

    謙虚でいること、向上心を持って取組むこと、自信を持って試合に挑めるよう練習すること。

    応援してくれている方々に感謝の気持ちを忘れないことです。

    6D15F655-3F05-43E8-B352-F87704BAD36E

    -全日本への意気込み-

    まずは目の前の試合を確実に勝ちに行くことです。

    結果はついてくると信じ、チーム一丸となって戦います。

    勝ちに行きます!応援よろしくお願い致します。

    CCEEC345-D5B3-467F-AB07-AFE4C7C06FB1

    高校3年生の時に、1人で本学の道場に出向いてきました。

    その時から、しっかりと意思表示の出来る選手でした。

    道場以外では、穏やかで少し抜けているところもあります。

     

    気が付けば3回生になり、チームの中心選手となりました。

    入学してすぐの全九州個人戦で優勝し鮮烈なデビューを果たしました。

    しかし、今年は個人戦で思い描いていたような結果を残せず、選手としても悔しさに耐える日々が続いていました。団体戦でも勝ちに繋がらなかったり、満足いく動きが出来なかったりと、色々な壁にぶつかるのも早かったようです。しかし、それは試合に出続けるからこその悩みであり、乗り越えるべき壁だと思います。

    入学時より全ての試合に出続け、チームの勝利に貢献しています。

    だいぶ精神面も強くなってきたように感じます。

    自分が上手くいかないときでも、涙を流すことなく練習に取組めるようになりました。

    試合中も後輩へ支持を出すなど組手チームのリーダーとしても成長し続けています。

    日本武道館では、リーダーシップを発揮してしっかりと勝ちに行ってくれることを信じています。

    1509027086547

    『応援してくれている方々に感謝』川野えり

     

月刊KSU Vol.33 後期スタート~強化合宿

  • 投稿日:2017年10月02日
  • 平成29年 九州産業大学空手道部 夏季強化合宿

     

    8月29日~9月4日まで長崎県壱岐市にて、夏季強化合宿を行いました。

    壱岐で行う3年目の合宿。

    細部にこだわり、勝つ準備を整える為の取組み。

    九州一、日本一を目指す学生たちの挑戦。

     

     

    ―夏休みを終えて―

    前期の最終戦、九州インカレでは男女とも優勝することが出来ました。

    しかし、内容的にはもっと圧倒することが出来たように感じています。

    無駄な技、取りこぼしを無くせば、常に有利な状態で戦えるはず。

    合宿では、体力の強化と細かな技術練習を中心に、各自テーマを持って挑みました。

     

    ―いよいよ壱岐へ―

    学内で1週間、休み明けの体を空手にしっかりと馴染ませ、壱岐に乗込みました。

    4回生は最後の夏です。

     

    IMG_3994

     

    IMG_4004 IMG_4003

     

     

    ―合宿前半戦―

    下半身の強化を中心にトレーニングを実施。

    また、日頃少なくなっている基本稽古に時間を使い、身体の使い方を整えました。

    IMG_4005 IMG_4016

     

    IMG_4017 IMG_4024

     

    IMG_4190 IMG_4191

     

    IMG_4080 IMG_4082

     

    トレーニングに関しては、空手競技に必要とされる脚作りを徹底。

    久々の砂浜では、少し戸惑う学生もいましたが、徐々に下半身が安定し、スピードもどんどん上がっていきました。

    IMG_4136 IMG_4165

     

    IMG_4164 IMG_4116

     

    IMG_4344 IMG_4064

     

    IMG_4183

     

    ―合宿後半戦― 

     

    夏合宿の中盤になると劇的に変化が見られる選手が現れます。

    立振舞いや、発する言葉も見違えるようになります。

    変わろう、変わりたいという意識が高ければ、一日で変われます。

    そういう選手は、近く九産大を背負う選手になっていきます。

    個々の能力の引き上げは勿論ですが、チーム力の向上もこの時期には最も大切です。

     

    IMG_4199 IMG_4120

     

    IMG_4193 IMG_4196

     

    IMG_4100 IMG_4069

     

    IMG_4359 IMG_4363

     

    IMG_4159 IMG_4107

     

    IMG_4107 IMG_4077

     

    IMG_4203

     

    九産大空手道部に一番欠けている事は『勝つことへの執着』です。

    自分に勝つ、ライバルに勝つ。

    そんな事ではなく、コートの中で、目の前に立つ相手に勝つ!という事です。

    何が何でも勝つ意識と、勝つ感覚がなければ、そもそもが日々の稽古の意味がありません。

     

    1対1で向かい合う相手に勝つこと。勝ちに拘ること。

    その結果が、チームの勝利に繋がること。

    日頃から監督が厳しく伝え続けている事です。

    合宿最終日には試合を行いました。

    その中で、勝負に厳しい選手が勝ちに繋がった、その選手はやはりチームの核となる選手達でした。

     

    IMG_4220 IMG_4221

     

    ―夏合宿を終えて―

     

    IMG_4217

     

    今回の合宿では、細かな技術練習を中心に行いました。

    やはり、若い選手は飲み込みが早く、成長の速さに驚きました。

     

    数年前までは、選手も少なく、夏合宿ではOBの方が多い時代もありました。

    大学からも今のようにサポートを受けることも少なく、合宿に行くのも大変でした。

    シャワーの無い宿舎で、監督の実家のお風呂と外でのホースでの水浴びで凌いだ時代をとても懐かしく思い出します。

     

    現在は強化サークルとして、大学から多くのご支援、ご協力を頂いています。

    選手勧誘や、遠征なども当時に比べれば比較にならないほど充実してきています。

    しかし、成績、結果についてもシビアになっています。

    今後の後輩や、未来の九産大空手道部の為には、現役たちが結果を残すしかありません。

     

    学生数も増え、チーム内での競争は年々激しくなってきています。

    その為、取組みに差が出てきている事も事実です。

    日頃の練習での取組みも、意識の高い選手、諦めかけている選手と、はっきり別れていると感じます。

    今回の夏合宿では、全員が自身と向合う良い機会になりました。

    終盤では、全員が同じ目標に向かい、一体感を感じました。

    この意識を変えずに、後期しっかりと走り抜けて欲しいと願います。

    チーム内での実力は、大きく差はありません。

    全員にチャンスがあります。

     

    番狂わせ、ジャイアントキリングはそうそう起こらない。

    用意周到な準備と、強い信念を持って取組む事が、勝利への近道です。

     

    今回の壱岐合宿は、多くの方々のご支援とご協力があり、無事に終える事が出来ました。

    本当にありがとうございました。

     

    九産大空手道部は『勝利を目指し、努力し続ける集団』として、長い歴史を紡いで参りました。

    それこそが、伝統校としてあるべき姿です。

    私達にできること、それは九州産業大学空手道部の名を全国に知らしめる事です。

    その為に、益々稽古に励みます。

    今後とも九州産業大学空手道部の応援をよろしくお願いいたします。

     

    IMG_4368

     

    押忍

     

    ~大会情報~

    第66回全九州大学空手道選手権大会(団体戦)

    西南学院大学

    10月22日(日)

     

    応援よろしくお願いいたします。

     

     

月刊KSU Vol.32 海外インターンシップ挑戦

  • 投稿日:2017年08月28日
  • 4回生、福田晏香。

    海外ジョブトレーニングプログラムに参加。

    ニュージーランドでインターンシップに挑戦中!

    IMG_2620

    こんにちは。

    4回生の福田晏香です。

    私は8月4日から9月3日まで海外ジョブトレーニングプログラムに参加しています。

    ニュージーランドに来て、実際に働くという経験をさせて頂いています。

    このプログラムは試験に合格した全学科の九州産業大学の学生6人が、大学の同窓会楠風会から奨学金を頂いて日本以外の国で自分の将来目指す職業にチャレンジできるというものです。

    私ごとですが、とてもホスピタリティに興味があり今回は五つ星ホテルの

    プルマンオークランドというホテルで働かせて頂く事が出来ました。

    ホテルは毎日朝が早く5時起きで7時から働いています。

    日本人はもちろん誰も居らず英語での接客に必死ですが勉強しながら頑張っています。

    IMG_5464

    ホストファミリーもとても優しく、伝統的なニュージーランド料理を沢山食べています。

     

    日本と季節は真逆で冬なので毎日カイロとジャケットが欠かせません。

    とても自然が豊かでオークランドは福岡と姉妹都市の為雰囲気も似ています。

    大学、同窓会楠風会、空手道部のお陰でこのような機会にチャレンジする事が出来ている事を幸いに思います。

    IMG_1888

    日本で頑張っている部員みんなに会えるのを楽しみに残りの日々を全力で頑張ります。

    失礼します。

     

月刊KSU Vol.31 縁の下の力持ち

  • 投稿日:2017年07月31日
  • 大学体育会の主務の仕事。

    一般的なマネージャーとしての仕事とは違い

    部の運営に携わりながら、選手としても励み続ける。

    九産大には3人の学生が携わっています。

     

     

    Image

     

    主 務 4回生 松井拓也

    副主務 3回生 富永大輝

    会 計 2回生 北薗竜二

     

     

    前期終わってどうでしたか?

     

    -松井-
    自分は最後の年ですが、前期は満足いく結果が出せませんでした。

    後期で悔いの残らないように頑張ります。

    主務では後輩に引き継ぎをしてる状態で、ある程度の仕事は引き継げたと思います。

     

    -富永-

    主務の仕事に慣れてきました。初めの頃よりは余裕を持って取り組めるようになったように思います。

    やる事の全体が少し見えてきました。

    空手の面では、特に試合内容が悪く勝ちにつながっていませんでした。

     

    -北薗-

    自分も2回生となり、後輩が出来ました。

    1つ1つの行動に責任をもって動かなければいけないと強く感じました。

    前期を終えて1回生の頃より順調に学校生活を送ることができたと思います。後期も部活と勉強を両立できるようにしていきます。

     

    3人から見て今のチームはどう見えますか?

     

    -松井-

    全体的にまだまだやれると思うので練習で出し切って終われるようなチーム作りをしていきたいと思います。

     

    -富永-

    今のチームは4回生の存在が大きい。もっと下級生が元気を出して盛り上げることが大事だと思う。

     

    -北薗-

    前期はいい流れで終えることができたのではないのかと思います。

     

    運営に携わるようになって見えてきたことはありますか?

     

    -松井-
    見えてきたというより学んだ事があります。

    ミスが許されない責任感やお金を管理する事などです。

    一番は主務を任せられた事でまだ未熟ですが、社会に出る準備が少しですが出来てきていると感じます。

     

    -富永-

    OBの先輩方や学校関係者など、沢山の支えがあって今の自分や空手道部があるという事を知ることが出来ました。

     

    -北薗-

    裏方の仕事はとても重要なことが分かりました。

     

     

    選手との両立も含め、何が大変ですか?

     

    -松井-
    主務の仕事で時間を使う事が多いのと、急ぎの仕事の時もあるので精神的にも身体的にも疲労が溜まっているのを自分で感じる時があります。

     

    -富永-

    連絡でグループの呼びかけに反応がなかったり、遅かったりする事が困ります。

     

    -北薗-

    人一倍気を張っていかなければならないので周りを見ることが大変です。

     

    同期に思う事

     

    -松井-

    自分の同期の4回生はみんな元気が良くて個性が強いですが主務の仕事が溜まってる時とかは声をかけてくれて手伝ってくれる優しい同期です。

     

    -富永-

    お互いが高め合える存在にならないといけないと思っています。

     

    -北薗-

    残り3年間、しっかり頑張ろうという事です。

     

    後輩について

     

    -松井-
    自分が連絡すると回答が早く返してくれるので色々とやりやすいので助かっています。

     

    -富永-

    2回生はしっかりしているように見えます。

    しかし、1回生は前期が終わりましたが、基本的な事がもう少し出来ていないと思います。

     

    -北薗-
    後輩はもう少しピシッとしてほしいです。

     

    九産大に入って感じた事

     

    -松井-
    空手で成長できたことはもちろんですが、主務を任されて他の学生には学べないこともたくさん学べた事は大きい事だと思います。

     

    -富永-

    沢山の人が応援してくださっているという事。他大学と違って九産大としてどうあるべきかがしっかりしていると感じています。

     

    -北薗-

    九産大に入って勉強の面でも空手の面でも少しは成長できたのではないのかと思います。

     

    後期に向けて

     

    -松井-

    後期は あと2試合なので気持ちを切らさずに毎日悔いなく出し切って頑張っていきます。

     

    -富永-

    主務の面では早め早めに取り組んでミスをなくす。
    空手の面では技の正確さ、試合時の状況判断、試合の組み立て方を特に強化していきます。

     

    -北薗-

    後期に向けて夏休みの取り組み方をしっかり考えていきたいです。

     

    応援してくれる方々へ

     

    -松井-
    まず自分は主務・会計係として九産大空手道部をサポートしています
    しかし、試合に出て結果を残すために入学してきたので主務としてではなく選手として活躍して卒業していきたいと思っています。そのためにこのオフの期間で体力、筋力の向上をして練習に入ります!

    後期も全員で気合いを入れて頑張りますのでこれからも応援よろしくお願いします。
    -富永-

    いつも応援してくださりありがとうございます。応援してくださっている方々がいるおかげで、自分は今空手が出来ていて、その事を忘れずに日々練習に励んでいきます。そして結果という形で応援に応えられるように頑張ります。

     

    -北薗-

    応援してくださっている方々に少しでも期待に応えられるように頑張ります。

     

     

    卒業後の進路

    -松井-
    自分の将来の進路ですが、家具を製造、販売する会社から内定を頂きました。

    就職活動を始めるときに、自分は何が好きで、何をやりたいのかを考えました。

    高校の時に建築科に所属していたということもあり、ものづくりが好きで家具を作りたいと決めました。

    主務の仕事を続けて来たことで監督、コーチから信頼してもらい自分のために協力して頂きました。
    主務の仕事をしながら、就職の相談もしているときにOBの黒木先輩(第18期生)とお話しさせてもらえる時間を設けて頂きました。黒木先輩は福岡で長く建築会社を経営されており、家具の会社や家具職人の方とお付き合いがあると伺いました。縁があり、家具の会社をご紹介頂きました。黒木先輩からの紹介ということもあり、とても魅力的で興味深い会社でしたし、恥をかかすわけにはいかないと感じました。気を引き締めて、面接を受け内定を頂きました。

    黒木先輩を始め、多くの先輩方や監督、コーチのおかげだと思っています。

    ありがとうございました。

    4月からは、社会人としてしっかり働きます。

    その前に、最後の大会に向けて同期と一緒に良いチームを作り上げます!

    IMG_2845

     

     

    九産大空手道部の活動は、見えないところで様々な方々からサポートを受けています。

    学生が何も考えずに空手道に取組めているのも、見えないところで動いている人間がいるからこそです。

    立場が人を作り、環境が人を育てる、と言いますが、松井、富永、北薗を見ていると本当にそうだなぁと実感させられます。

    人がやりたくない仕事も、黙って取り組んでくれます。

    他の学生は、それに甘えず感謝の気持ちを持っていただきたい。

     

    前期試験は今日で終了しました。

    空手道部の活動も、本日からOFFに入ります。

    4回生は後期で最後です。

    悔いのないように、しっかりと夏を乗り越えて下さい。

    3回生以下は、前期の反省を踏まえ甘えを無くし取り組んで下さい。

     

    国体の最終選考会や、ナショナルチームの合宿を控えている選手は各自でしっかりと準備してください。

    何処にいても、九産大の空手道部の学生という事を忘れずに行動してください。

     

    暑い日々が続きます。

    皆様もお体ご自愛ください。

     

    今後とも九州産業大学空手道部の応援をよろしくお願い致します。

    押忍

     

月刊KSU Vol.30 日本一へ向けて!

  • 投稿日:2017年06月30日
  • 第61回全日本学生空手道選手権大会

    平成29年7月2日(日)

    舞洲アリーナ

     

    各地区予選を勝ちあがり、学生個人日本一をめざした選手達が大阪に集結します。

    試合当日は、やらなければいけない事を必ず行い自分らしく戦えるか。

     

    団体戦と違い、自分ひとりで考え戦わなくてはなりません。

    九州産業大学空手道部から、8名の選手が日本一へ挑戦します。

    決意と意気込みを述べてもらいました。

     

    ―男子個人組手出場― 

    01_404_早田 知孝

    ―早田 知孝(4回生)―

    勝ちにこだわる!優勝!

     

     

    01_403_白水 孝俊

    ―白水 孝俊(4回生)―

    最後の全日本個人戦。
    ひとつひとつ後悔しないように戦います。

     

    01_204_本村 潤也

    ―本村 潤也(2回生)―

    一戦一戦自分らしい組手をし、
    前で強い組手をして、相手を倒して勝ちにいきます!

     

     

    ―女子個人組手出場―

    01_312_吹上 暁海

    ―吹上 暁海(3回生)―

    ひとつずつを大切に自分らしく自分の為に全力で勝負する!

     

    01_205_石田 真帆

    ―石田 真帆(2回生)―

    九産大の選手として出場するので、上を目指して勝ちに行きます!!

     

    01_206_片山 花女

    ―片山 花女(2回生)―

    待ちにならず、どんな場面でも攻めの姿勢を忘れずに目の前の相手を倒して勝ちます!!

     

    01_208_堀口 雅

    ―堀口 雅(2回生)―

    初めての全日本、気持ちで負けることなく、強気で闘ってきます!

     

     

    ―男子個人型出場―

     

    01_103_中田 士蕗

    ―中田 士蕗(1回生)―

    大学に入って初の全国大会なので自分の力をしっかりと出してきます!

     

     

     

    いつもと違う環境で戦うことになります。

    場所、観客の有無、アナウンスの有無、準備内容の違い、対戦相手の存在。

    自分自身のフィジカルとメンタルの状態も同じではありません。

    平常心で戦うことなどほぼ不可能です。

    勝ちたい気持ちがあれば緊張もするし、対戦相手を目の前にすれば身体は興奮状態になるのは当たり前です。

    大切なのは、自分がその環境をどう受け止めるか、どう認知していくかです。

    その認知を変えていけば、それに伴って行動が変わってドキドキ感がなくなったり、パフォーマンスが良くなったりしていきます。プレッシャーやストレスは目に見えないし、触れられません。

     

    プレッシャーは自分自身で作り上げる感覚です。

    試合に出れない人間にはプレッシャーもありません。

    プレッシャーは勝利へのエネルギーなのです!

    当日まで、様々な場面を想定して準備をしなければなりません。

    会場で『どうしよう』、『どうしよう』と慌てなくていいように、対処・対応法を準備していれば、乗り切れます。

    コートの中でやるべき事だけに集中して。

    九州産業大学空手道部の選手らしく戦って来ます。

     

     

    『We advance to the same dream』『我々は同じ夢に向かって進んでいく』

     

    IMG_3525

     

    応援よろしくお願いいたします。

    押忍

     

     

     

月刊KSU Vol.29 新入生歓迎会

  • 投稿日:2017年05月31日
  • 第58期生 新入生歓迎会

    平成29年 5月 14日

    ANAクラウンプラザホテル

     

    IMG_2911

     

    -小山 弘祥(山口鴻城高校)

    -豊田 寛人(徳之島高校)

    -中田 士蕗(おかやま山陽高校)

    -小野寺 彩(山口鴻城高校)

     

    3月22日の稽古からスタートした新入生。

    親元を離れ、新しい環境での生活にしばらくは戸惑っていました。

    入学式を終えて授業も始まり、厳しい稽古にも慣れてきました。

    ANAクラウンプラザホテル5月14日に行われた新入生歓迎会。

    久しぶりに両親とも顔を会わせ、緊張もほぐれていた様子でした。

    当日は多くの皆様に祝福され、晴れて九州産業大学空手道部の一員となりました。

     

    IMG_2913 IMG_2916

    空手道部の細川部長、内山OB会長(立禅会)から参列の皆様への御礼と、新入部員への激励をいただきました。

    新入生も真剣に耳を傾けていました。

     

    IMG_2917

    第1期生の吉山先輩も乾杯で祝宴はスタートしました。

     

    IMG_2927 IMG_2926

     

    IMG_2925 IMG_2924

     

    今回は特に若いOBの先輩方が多く参加してくださいました。

    IMG_2922

     

    IMG_2923

    新入生たちも、久々に親子の会話で盛り上がっていました。

     

    IMG_2919

    会の途中では、監督から学生の紹介と皆様への御礼がありました。

    その後、新入生挨拶ではそれぞれが熱のこもった決意を発表しました。

     

    IMG_2921

    また、この度は徳山から駆けつけて頂いた第4期生の倉住先輩から過分なるご寄付を頂きました。

    『今の自分があるのは九産大空手道部のおかげ。後輩たちの活動に使って下さい』との事です。

     

    学生時代の先輩や同期生とのエピソードをお話頂き、非常に勉強になりました。

    空手道部員及び関係者一同、心より感謝申し上げます。

    倉住先輩ありがとうございました。

     

    IMG_2928

    会の終盤には羽田師範代から皆様に御礼の挨拶を行っていただきました。

     

    IMG_2929 IMG_2932

    最後に気持ちを引き締め、新しい仲間と全員で校歌、部歌の斉唱を行いました。

     

    歓迎会を終え、4名の新入生達も九産大空手道部の一員となりました。

    日頃の稽古でも、当初に比べ馴染んできている様子です。

     

    西日本大会を終えて感じたことがあります。

    チーム内で非常に温度差があります。

    大会に行った学生、出場した学生、残ってた学生。

    大会前の過ごし方、前日の過ごし方、大会当日の会場内での立ち振る舞い。

    少しずつではありますが、4年の間にとてつもなく大きな差が生まれてしまいます。

     

    強くなりたい、試合に出たい、勝ちたい。

    部員全員にその気持ちがあることは理解しています。

    では、どうすればいいのか。

    自分達のチームのレギュラーは、強いだけの選手でしょうか?

    チームの中で信頼されている選手は、日々どのように取組んでいるでしょうか?

     

    日頃の生活や稽古に甘さは無いか。

     

    細かな事を大事に、少しずつ積み上げていくしかありません。

    1人では強くなれない。

    互いを信じ、尊敬し強く太い絆が必要です。

     

    新入生は、今のフレッシュな気持ちを忘れずに。

    他の学生は、新入生の頃の決意をもう一度思い出して下さい。

     

    今こそ、新しいチームへと生まれ変わるチャンスです。

     

    我が空手道部の活動は大学からの支援、父母会の皆様のご理解、OBの先輩方からの熱い声援で成り立っております。

    私たちに出来ること、日々全力で稽古に励み九州産業大学の名を全国に知らしめるために取り組む事だと考えております。

    まだまだ大会が続いて行きます。

    学生達は日々躍動し活気付いております。

    今後とも九州産業大学空手道部をよろしくお願い申し上げます。

     

    押忍

     

     

月刊KSU Vol.28 第58期生

  • 投稿日:2017年04月30日
  • 平成29年度 第58期生紹介

     

    今年度は4名の新入生を迎え入れております。

    男子3名、女子1名と少ないですが、慣れない新生活にも前向きに励んでいます。

    そんな、58期生の4年間の目標と決意を紹介します。

     

    01_101_小山 弘祥

    -小山 弘祥(山口鴻城高校)-

    私の4年間の目標は、部活面では練習に対し常に全力で取り組み日本一を目指すことです。

    学校面では、授業には出席し単位を落とさないようにし、無事に卒業することです。

     

     

    01_102_豊田 寛人

    -豊田 寛人(徳之島高校)-

    何事も全力で頑張り日本一になることです!

    学業面では毎日授業に出席し確実に単位をとることです!

     

     

    01_103_中田 士蕗

    -中田 士蕗(おかやま山陽高校)-

    私の目標は文武両道です。
    学業面では自分の将来に向けて勉強していき、部活では同期全員でコートに立ち日本一を目指します。

     

     

    01_104_小野寺 彩

    -小野寺 彩(山口鴻城高校)-

    私の目標は部活と勉強の両立をできるようにすることです!

    部活では一生懸命し日本一に向けて四年間取り組みます!!

     

     

    IMG_2665

     

    4年後の自分たちの姿をイメージし、日々を全力で取り組んで下さい。

    九産大空手道部の新しい仲間です。

    応援よろしくお願い致します。

     

    新入生歓迎会は5月14日(日)です。

    多くのご参加をお待ちしています。

     

    押忍

月刊KSU Vol.27 第54期生 卒業

  • 投稿日:2017年03月31日
  • 54期生 卒業送別会

    ANAクラウンプラザホテル

    平成29年3月20日、第54期生の送別会を行いました。

    当日は80名を越える多くの皆様にご参加頂きました。

     

    IMG_2362  IMG_2364

     

    細川部長から祝辞、林先輩の乾杯で盛大に懇親会がスタート。IMG_2360 IMG_2372

     

    今年は2名の部員を送り出しました。

    男女1名ずつという少ない学年でしたが、多くの後輩に慕われる温かい人間でした。

    日本一を目指し、4年間戦い抜きました。

    目標には届きませんでしたが、努力を怠らない4年間は必ず今後の人生に役立つと信じています。

     

    IMG_2376 IMG_2384

     

    次のステージも目前です。

    新しいチャレンジでの成功を応援しています。

    IMG_2370 IMG_0660

     

     

    平成29年3月21日 卒業式

    第54期生 卒業。

    応援頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

    IMG_0677

     

    押忍

    n

    副島 大嗣/株式会社かねやす

     

    松村 菜々乃/クラレイ株式会社

     

    4年間お疲れ様。

     

月刊KSU. Vol.26 新主将 早田 知孝

  • 投稿日:2017年02月24日
  • 全日本に向けて、今こそ九産大、大きな変化を―

     

    九州産業大学空手道部 第55代主将

    早田 知孝

    member_28

    経営学部国際経営学科

    おかやま山陽高校卒

    広島県出身

     

    soda 15196083_1151793431563664_2638951163243762677_o

     

    ―新体制が始まり、チームの雰囲気はどうですか? 


    まだ、安定していないですが、みんな何かしら考えながら取組んでいます。

    一人ひとり、個人なりにやっている。


    ―主将に任命されて変化はありましたか? 

     

    周りをよく見るようになって、みんなの行動がよくわかるようになった。

     

    ―主将として何を大切にしていきたいですか?

     

    自分の行動を見て、チームメイトが付いて来てくれるように一つひとつの行動に責任を持ちます。

     

    主将としてどのようにチームを引っ張っていきたいですか

     

    試合に出て、常に勝利を持ち帰り、安定感と絶対的エースとなり、みんなの気持ちをあげながら引っ張っていきます。

     

     

    三代の主将(山本・鍔坂・副島)を見てきたわけですが、理想とする主将像はありますか 

    7931 000_6

    先輩として、後輩に対する接し方はどのキャプテンも素晴らしかった。

    自分はこのチームが勝つようにしたい。

    11717435_843784852364525_8071810809842218596_o

     

    新チームの目指すチームカラーを教えて下さい

     

    誰が試合に出ても、選ばれてもいい状態を常に作り、緊張感のあるチームにしたい。

     

     

    チームにとって自分はどんな存在でありたいと思っていますか

     

    今までのどのキャプテンよりも最高だと思われたい。

     

    ―このチームで苦労していることはありますか?また具体的には何ですか?

     

    やはり、個々の主張が強いので自分の意見に対して不満を持っているのではないか、全員が高い意識を保つにはどうしたら良いのか、常に考えています。

     

    昨年の大会を振り返って下さい

     

    日々の練習の中で課題とされていた事がクリアできず、試合に挑み勝利に結びつかなかった。

    15168865_1151795038230170_5885987292527601390_o 15068381_1151793198230354_8836104074235345957_o

     

    チームとしての目標と、個人的な目標も教えて下さい

     

    チームとしては日本一を目標にして、まずは現実的に西日本でベスト4を目指します。

    個人では、どの試合でも負けない組手をします。

     

    その為に春までに取り組んでいきたいことは・・・

     

    一人ひとりの課題をきっちり理解して解決していくこと。

    今、現状確認中です。

     

    応援して下さる方へもメッセージをお願いします

     

    新チームとなり、歴代のキャプテンと比べてまだまだ未熟ですが、結果を残すチームにしますので、引続き熱い応援をよろしくお願いいたします。

     

    ―今後の目標を教えて下さい。 


    前期は九州制覇、西日本で上位進出し全国で戦う準備をします。

    後期は四回生最後の大会です。全日本で絶対に勝ちます!

    0612 IMG_2531


    ―最後に改めて意気込みをお願いします。


    この三年間、思うような結果を残すことが出来ず、このままだと悔いが残る学生生活になってしまいます。

    キャプテンに指名されたので、早田カラーに染めて、緊張感のあるチームにして、今年の九産大は変わった!今年の九産大は強い!と言われるようにします。

    その為にも、最上級生が自覚を持ち普段の生活から変えていき、まずは九州での圧倒的勝利、西日本ベスト4、全日本団体優勝を達成します!

    IMG_2213

    いよいよ、最終学年を迎えようとしています。

    入学時よりレギュラーとしてチームに貢献し、三年間の試合全てに出場してきました。

    勝ちに拘り、結果に拘ってきた成果としては本人の納得がいく三年間ではなかったかもしれません。

    しかし、練習に取組む姿勢や拘りは、周囲に良い影響を与え、チーム強化に繋がりました。

     

    昨年度は人間的にも成長が見られ、全日本終了後に監督から主将に任命されました。

    強くなることは大事なことですが、変わることはもっと大事です。

     

    新年度になれば、全部員数が30名を超えるチームになる予定です。

    多くの部員が、九産大空手道部を志望し入部してくれるようになりました。

     

    個性豊かな面々で、チーム作りも試行錯誤しているように見えます。

    自分の事だけでなく、全部員の雰囲気を見る目も養っていくことが必要です。

    チームの誰よりも真摯に取り組む姿勢を見せれば選手たちもその姿勢に見習っていくでしょう。

    しかし、あまり考えすぎず自由に暴れまわって欲しいです。

    自分らしく、そして「謙虚」「モラル」「感謝」を忘れずに。

    image

    新生九産大空手道部の進化に期待して下さい。

    今後とも応援よろしくお願いいたします。

     

    押忍

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    平成28年 3月20日(祝・月)

     ANAクラウンプラザホテル福岡

    〒812-0011 
    福岡県福岡市博多区博多駅前3-3-3 

    Tel 092-471-7111

     

    18:00~受付

    18:30~開会

    n

    副島 大嗣

    松村 菜々乃

    今年度は2名の学生を送り出します。

    近しい学年の方々とお声掛けいただき

    新しい道へ踏み出す後輩の門出を

    先輩方と楽しくお祝いしたいと考えております。
    多くの皆様のご参加を楽しみにしております。
    よろしくお願いいたします。

     

     

月刊KSU.番外編/福田 晏香シアトルレポート Vol.10

  • 投稿日:2017年02月13日
  • 3回生福田晏香(国際文化)

     

    1月に帰国。留学生活を振り返って。

     

    ^85C84803D10C5C7138EB748A5C75681250AA616E1C3208B686^pimgpsh_fullsize_distr

     

    こんにちは。三回生の福田 晏香です。季節が変わるのはあっという間で既に二月になりました。そして私事ですが日本時間1月15日に帰国し留学生活を無事に終えることができました。

     

    この留学で一番学んだ事は英語という語学はもちろんのこと、アメリカの文化、人々の考え方などの違いも学べました。

     

    習慣、文化、生活、価値観など沢山の壁にぶつかりながらも自分なりに必死に毎日生活出来ていた方ではないかと思います。

     

    その中でも人との関わりや人脈には本当に助けられました。

    授業がわからなくなった時に支えてくれる友人、帰ったらおかえりと言って、今日の出来事を全て聞いてくれるホストファミリー、練習中にこっそり冗談を言って笑わせてくる空手のファミリーなど普通の事ですが、帰国した今、本当に有難い事だったのだと改めて実感します。

     

    私が今から出来る恩返しはこのまま英語の勉強を続けもっと話せるように上達する事と、しっかりと九産大空手部で頑張る事だと思っています。

    これはアメリカでお世話になった良武会の吉田先生から一年間の賞をもらった時の写真です。

    ^80398189E64F32CFD7A730EE4E4007671958AC9C09084A68AF^pimgpsh_fullsize_distr

     

    先生は吉田ソースの創設者でそのソースも美味しいです。

    ^2C2F746CCFA20857F6F6BA45ACDB6EE017B1AEB13F8E1FAB46^pimgpsh_fullsize_distr

    是非挑戦してみてください!すごくアメリカの味です!

     

     

    また、シアトルの空港には沢山の大学の友人がお見送りに、福岡空港には空手部の同期や先輩方、両親が迎えに来てくれました。

    本当に嬉しくて手が震えました。

    そして、2月頭から海外の企業に触れてみたいと想い少しの期間ですがグアムに行き知り合いの方に会いに行く予定です。

    観光業に関して色々な事を学べたらいいなと思います。

    留学期間支え、応援をしてくれた方々本当にありがとうございました。

     

    このような体験をさせてくれたことに感謝しこれから生かしていきたいと思います!

    失礼します。

月刊KSU.番外編/福田 晏香シアトルレポート Vol.9

  • 投稿日:2017年01月16日
  • 3回生福田晏香(国際文化)

     

    海外での生活も、流されることなく文武両道をやり抜きました。

     

     

    明けましておめでとうございます!

    三回生の福田晏香です。2016年も終わり2017年を迎えました。

     

    皆さんお元気ですか?

     

    シアトルの12月はとても寒く平均で2.3度が普通の日々でした。

    毎日といっていいほど雨が多く曇り空の日々ですがとても楽しい日々でした。

    大学はこの秋クオーターをもって修了し、ギリギリでしたがしっかりと単位を落とすことなく取得することができました。毎日図書館に朝から夕方までこもる日々が終わったと思うと、嬉しい反面寂しい気持ちもあります。

    最後の登校日にはしっかりと先生方にお礼を言うことができ良かったです。

     

    ここで出会うことが出来た友人達は本当に一生の宝物です。

    ^02EA943C937C59EC66B199E9F771D94703E1A14C4B110FF2D2^pimgpsh_fullsize_distr

    空手の練習は12月の後半からオフを迎えておりクリスマスに空手の先生のご実家であるコロラド州のデンバーへ行きお世話になりました。

    自然が壮大でロッキーマウンテンなど感動させられるものばかりでした。

    クリスマスの夜はみんなでターキーを食べ、家にサンタさんが訪問しプレゼントもいただくことができました。

    アメリカでは子供だけでなくみんながプレゼントをもらうことができ、量も想像以上、クリスマスツリーは自分で森に行き自分達で木を切るのでとても驚きました。

     

    ^886CD0461ECBCFDBD0C08ACC9352AFCD788CF0750DB3E22F13^pimgpsh_fullsize_distr

    そして、年末には九産大空手部OGの戸高美咲先輩が来て下さり一緒に年を迎えることができました。

    美咲先輩には、一回生の時からお世話になっており本当にお姉さんのような存在です。

    私の大好きなシアトルの街、友人、食べ物、沢山の事を紹介することができ本当に良かったです。

    年越しはスペースニードルへ行き花火を一緒に観ることができました。

    アメリカまで来ていただけたことに本当に感謝したいです。

    来月は私も帰国します!ここで学びスキルを上げることができたことを無駄にしないようにしていきたいと考えています。

    お世話になった方々にしっかりと恩返しし、残り少ない時間を大切にしていきたいです。失礼します!