ブログ

あんこう

  • こんばんは。失礼します。
    2回生の柳本です。
    本日もよろしくお願いします。

    みなさんは、山口県で魚の水揚げ量日本1を誇るものは、なんだと思いますか?
    ふぐが1番だと思っている方が大半だと思いますが、実は「ふぐ」は北海道が日本1の漁獲量を誇ります!
    山口県で魚の水揚げ量日本1を誇るものは、「あんこう」です!

    あんこうは本来、アンコウ属のアンコウと言う種を意味しますが、市場でアンコウと呼ばれる魚のほとんどは、実はキアンコウである事が多いそうです。キアンコウ(ホンアンコウ)のメスは尾びれの根元までの体長1.0mから1.5m程で、オスは50cm前後であり太平洋北西部の水深500mほどまでの深海に生息しています。
    あんこうは、口が大きく喉の奥にも歯があり餌が逃げにくくなっています。
    柳肉(身肉、頬肉)の他に、皮、水袋(胃)、肝(肝臓)、ヌノ(卵巣)、えら、トモ(ヒレ)が食用にされ、一般に「七つ道具」と呼ばれています。一般には、七つ道具と野菜を味噌または醤油味で調味し、あんこう鍋として提供されます。特に肝臓はアンキモと呼ばれ、ボイルしてポン酢に、もみじおろしで食べると美味しく、見た目と食感から「海のフォアグラ」とも言われています!肉よりも、その他の部位(七つ道具)の方が旨いとされる変わった魚でもあります。表面がヌルヌルして図体の大きいアンコウは、まな板では捌きずらいため伝統の解体法としてあんこうを吊るして体内に水を入れ回転させながら捌く「吊るし切り」があります。
    あんこう鍋が主流ですが、私の家ではあんこうを買った際は味噌汁にします!あんこうの出汁がきいた汁とあんこうの身を食べられるのでおすすめです!

    みなさんも機会があれば、ぜひ食べてみてください!

     

    IMG_5882

    これはあんこうの味噌汁の写真です。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    本日で、私の担当は最後となります。
    1週間ありがとうございました!
    明日からは2回生の山田が担当となります。
    それでは失礼します。