ブログ

鏡開きについて

  • こんばんは!
    2回生のの福嶋です。
    本日もよろしくお願いします。

    本日は1月11日で、鏡開きと呼ばれる、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる日です!
    本日は鏡開きについて話していきたいと思います。
    鏡開きでは、神仏に感謝し、無病息災などを祈って、汁粉や雑煮などで食します。武家では鏡餅を刃物で切ることは切腹を連想させるためにら手や木槌で割る風習があったそうです。また、「切る」「割る」という言葉は避けて「開く」という言葉が使われていました!商家では新年の初めに蔵を開いて商売繁盛を祈る行事をこの日に行います。『鏡』は円満を、「開く」は末広がりを意味しており、鏡餅の割れ方で占いをする地域もあり、「鏡餅の割れが多ければ豊作」と言われています。
    私も今日家にあった鏡餅を食べてみました!おしるこの中に入れて食べました。おしるこの甘さと餅の味がマッチしてとても美味しかったです。他にもお雑煮に入れたり、かきもちにして食べるなどさまざまな料理の仕方があります!
    ぜひ皆様も家にある鏡餅を今日食べてみてください!

    IMG_1227

    これは家にあった鏡餅の写真です。
    最後まで読んでいただきありがとうございました。
    明日もお願いします。
    それでは失礼します。