ブログ

七草粥について

  • こんばんは!
    2回生の橋口です。
    本日もよろしくお願いします!

     

     

    成人式まであと1日となりました!
    ですが、私は3日前に成人式にまつわる最悪な夢を見てしまいました。それは、二度寝をしてしまい成人式に遅刻してしまった夢です。(笑)
    なのでこれが正夢にならないように、今日は早めに寝て、明日の成人式に備えたいと思います!

     

     

    今日は1月7日ということで、七草粥について話そうと思います!

    七草粥は中国のからきたと言われています!中国が唐と呼ばれていた時代、1月7日の人日の節句に七種菜羹という7種類の野菜が入った汁物を食べていたそうです!
    それを日本でも取り入れるようになり、今でも1月7日に、七草粥を食べるという風習が続いています!
    七草粥を食べる理由として、春の七草の若芽を食べて植物がもつ生命力を取り入れ、1年の無病息災を願って食べるという意味があるそうです。

     

     

    春の七草のせり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろを入れておかゆを作るそうです!

    せりには競り勝つ、なずなには撫でて汚れを払う、ごきょうには仏様の体、はこべらには繁栄がはこびる、ほとけのざには仏様の座る姿を現す、すずなは神様を呼ぶ鈴、ななしろには汚れのない純白という意味が込められています!
    また、七草粥にはお正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあります。

    この機会に是非七草粥を食べお正月の疲れをとってみてはいかがでしょうか。

     

    IMG_6270
    これは七草粥の写真です。

     

     

    最後まで読んでいただきありがとうございました。
    本日で私の担当は最後となります。
    1週間ブログを読んでいただきありがとうございました。
    明日からは、1回生の福島が担当します。
    それでは失礼します。