ブログ

佐世保尚武館

  • こんばんは。

    2回生の崎原です。

    本日もよろしくお願いします!

     

    今日は、私が小さい頃からお世話になっている、道場についてお話したいと思います!

    私は、長崎県佐世保市にある佐世保尚武館で幼少期から空手道を習ってきました。空手を始めたきっかけは兄がやっていたからです。

    私が通っていた道場では、空手の基本や一般的な礼儀作法などどんなことに対しても1番大事となってくる基本を徹底していました。

    礼儀作法では挨拶をとても大事にしていました。挨拶は、何かを始める時や誰かと会う時など目の前の相手にに1番初めに交わすコミュニケーションなので、しっかりと相手の目を見て、挨拶することを心がけていました。今では、意識をしなくても自然と体が動くので、小さい頃から徹底してきて良かったなと実感しています。

    今では、挨拶など周りの人が意識してやっていることでも、自然とできていると思っているので、小さい頃から空手もやってきてよかったなと思っています。

    幼い頃から、たくさんの試合などに出させてもらい多くの経験をさせていただいた道場の先生方にはとても感謝をしています!

    最後に私の道場の道場訓を紹介します。

    ・空手は礼に始まり礼に終わる。

    ・常に闘志を持て。

    ・人の手足は剣と思え。

    ・訓練なきところに才能なし、努力邁進すること。

    ・健全なる精神と心身の鍛錬。

    これを練習終わりにみんなで言っています!

     

    IMG_9142

     

    これは私が通ってい道場の写真です!

     

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    明日もよろしくお願いします!

    それでは失礼します。