ブログ

映画

  • こんばんは。
    一回生の足立です。
    本日もよろしくお願いします。

     

    今日の朝は、大学の入試アルバイトをして、昼からは引っ越しの後片付けをしました。一応片付きましたがまだ足りないものがあるので少しずつ揃えていきたいと思います。

     

    今回は、友達にすすめられた映画「ギフテッド」について書きたいと思います。フロリダに暮らすフランクとメアリーが主な登場人物です。メアリーは7歳、彼女は生まれながらにして数学において天才的な才能を持っていました。しかし、フランクは彼女を近所にある普通の学校に通わせます。フランクたちの隣人であり親しい友人でもあるロバータだけは、メアリーの秘密を知っているため心配をしていました。学校で小学1年生レベルの算数に不満げな態度を見せるメアリーに、教師のボニーは大人でも暗算で答えるのは難しい問題を出します。ところがメアリーは少し考えると正解の数字を導き出しました。ボニーは不思議に思い、保護者であるフランクの名前をインターネットで検索しました。すると、そこには「著名な数学者ダイアン・アドラーが自殺、残された遺族は弟のフランク」という記事を見つけました。フランクが金曜の夜には決まってバーに出没するとの噂を聞いたボニーは、バーに足を運びます。ある日突然、メアリーの祖母イブリンが登場し、イブリンはメアリーの才能を適した環境で育てたいという考えをもっていました。なので、普通に暮らして欲しいフランクと特別な環境で育てたいイブリンで親権を争って裁判までいきます。普通とは違う家族の形を探していく映画で家族の温もりを感じることができます。興味のある方はぜひ見てください。
    DE121893-BD9F-4304-A846-9EE308CFD8F2

     

    1週間ブログを読んでいただきありがとうございます。
    明日からは同期の石川が担当します。
    失礼します。