ブログ

城西!!

  • こんにちは!
    4回生の堀口です!

     

    今日は私の高校生時代、鹿児島城西高校空手道部に所属していた時の話をしようと思います!わら
    同期は自分を含め女子だけの4人で、女子のみという代は自分たちが初めてらしく、自分たちが2年生の新人戦を迎える時には城西高校の監督仁木先生から史上最弱の代だと言われていました。
    空手に関して、4人いる同期も2人は素人から始めたので、かなり追い込まれた代なのではないかなと思います。

     

    当時は、練習がきつくてきつくて泣きながら練習をするのが当たり前でした。
    同期同士では「職員室に爆弾が落ちればいいのに」と本気で話していたことを覚えています。わら
    でも同期仲はとても良く、4人でよくプロレスごっこをして遊んでいました。わら

     

    今回のシーズンオフ中では同期4人で1年ぶりに集まることができ、また、監督の仁木先生、コーチの中島コーチと原永コーチとご飯にも行きました。

     

    9D7BA7C2-2144-4D16-A704-AF7AA957584A

     

    49DA7D1F-8C14-4F14-8E91-4C492FC929E8
    当時のことをいろいろ話していて、空手の選手や高校生として、同期一人一人たくさん変化や波があった3年間に監督コーチは向き合ってくださって感謝だなと感じました。

     

    今年は私自身、空手人生最後の一年になると思います。
    こうして自分を導いてくださった道場の先生方、城西高校の監督コーチには結果を出すことでそれが恩返しになると思います。
    今年の1年は、がむしゃらに空手をやっていきたいです。

     

    それでは失礼します!!